農業のメリット

なぜ農業なのか

農業は、障がいの特性や程度に応じた作業が多くあり、障がい者の就農に向けた体力・精神面での訓練が可能なことから、就労訓練や雇用の場として農作業を取り入れる 福祉施設が増えつつあります。
自分の行える作業から始めて頂き、少しずつ体力と自信をつけていって頂ければと考えております。

農業は自然とのふれあいが多く、障がい者が無理なく働くことができるお仕事です。働いた過程で、果実や野菜を実らせることができ、その充実感が、個人の精神にとても良い働きをします。
農業と福祉の連携、その有効性は、農林水産業と厚生労働省も発表しています。

「農福連携」
https://www.youtube.com/watch?time_continue=48&v=OxXv7nCVqiI

農業業務内容

いちごの里を母体に、いちごをはじめとした多くの果実・作物の育成に携わっていただきます。
その内容は、畑や木々の状態の確認、日々の水やりと肥料、害虫対策と病気などにかかっていないかのチェック、つみとりから納品までと、多岐に渡ります。最初はスタッフと同行しながら、徐々に慣れてきたら、少し難しいことへとステップアップしていきます。
自分の行える作業から始めて頂き、少しずつ体力と自信をつけて頂ければと考えております。

その他の業務内容

めぶきファームでは施設内に菓子製造工場を併設している為、いちごの里で採れた果実ジャムやゼリーに加工して頂いたり、作業場にてそれらのお菓子のパッケージ入れ、シール貼り、検品などをして頂き、お店まで納品して頂くなど多様な仕事を用意しております。

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください。
また、よくある質問をまとめましたので、そちらも合わせてご覧ください。